バイクのこと、バイトのこと、などなど。 ダメダメな日々の中、色々頑張ってます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
↑↑
2008-02-29 Fri 01:48
飲んでまふ。

今日は何だかイケイケな感じなんですぉ!
こんな自分は割と珍しい!!

今の俺なら、
きっとフル○ンで踊れちゃいますぉ!!
見よ!マイポークビッツ!!(水鉄砲とか小刀でも可)

自分から意気込んで2次会(?)まで行ってきましたヽ(゚∀゚)ノ

さらに今から、
後輩の家に乗り込んできます!!( ゚Д゚)!!

サースデーナイトフィーバーな感じで!(ゴロ悪っ

今夜はアゲアゲ↑↑DAZE!!!


ボハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!
スポンサーサイト
別窓 | バイト | コメント:0 | top↑
祝 合格!!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
2008-02-28 Thu 13:04
当然自分のことではないっス。


今日が都立高校の合否発表日だったんですが、

うちの子見事に合格!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


自己採点結果では、
正直合格可能性は30%くらいだったんだけど、
受かって本当に良かった(ノД`)シクシク


ちなみに合格発表の時間は、
まったく別の教室の全然知らない生徒の合否を見てましたw
大学周辺の2件分。
なんで休みの間にわざわざ大学辺りまで行き、
顔も知らない生徒の合否を見にゃならんのだ?(;´Д`)
と思わなくもないんだけども、
某とってもエラい上司から、

上司:「アレ?オマエは見にいかないの?」

とか言われちゃうと、
いやいやとんでもないっスよ、と。
喜んで見にいきますよ♪とww
なんだか逆らえないんです、はい(´∀`*)ウフフ
でも久々にバイクに乗れたんで、
それだけでも嬉しかったかな~♪♪
久々バイクはマジでちょっと楽しかった♪
ただまぁ、
こないだの強風で、ガッツリ黄砂を全身に浴びてたんですが。。
そろそろちょっと洗車しないとマズいかも。。
っつかまたスピードメーターのバックライトが消えてるよ(;´Д`)
振動でバルブの接触が悪くなるみたいで、
ちょっとなら叩くとなんとかなるんだけどw
今回は叩いてもなんともならないので、
裏開けてやんないといけません(;´Д`)
メンド。。



まぁ何はともあれ、
うちの子の合格はかんなり嬉しかった♪
実際今までで1番嬉しかったかもしれない。

自分の中での受かりそう具合が低かったからなおさら、
ってゆーのもあり。
それから今年度は、
やるべきことはやったけど、
なんてゆーか手間=愛情な部分はやっぱり否めなくて、
そういう意味で愛情をあんまり注げなかったんだけど、
でも今まででたぶん1番悩んだ子であり、
っていうのもあるんだと思う。
だから今回は、
まぁもちろん反省点もそりゃあるけど、
反省よりは後悔に似たもののほうが多いかも。


なんにせよ、
受かって本当に良かったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

まぁでも、
あの子にとっては今後のほうが重要なので。
抜本的改革が必要になるとは思うけど、
今後一層頑張って欲しいトコロ。


そんなうちの子ですが、
さっきちょと外出してたトコロ、制服姿で路上におりました。
まぁ今時鬼ハンなチャリンコに乗ってる素敵な彼ですが、

なんか作業員風のオッサンとしゃべってました!アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

アレは誰なんだろう・・・。。
まさかお父さん・・・?(;´Д`)
いや、まさかネ。。
いやでも違うとしたら一体誰なんだ?!Σ(´д`ノ)ノ

とか色々考えつつ、
1人だったら声かけて、
おめでとー!!って言いたかったんだけど。。

いやしかし、
俺も買い物した後で所帯じみた荷物持ってたし。。
う~む。。



まぁそんな感じの今日ですわ(´▽`*)アハハ
別窓 | バイト | コメント:2 | top↑
Moonは腕がほしいな(BlogPet)
2008-02-28 Thu 07:24
Moonは腕がほしいな。
溌春もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「Moon」が書きました。
別窓 | 未分類 | コメント:3 | top↑
春のHIKIKOMORIライフ
2008-02-26 Tue 00:31
毎日がエブリデイな春です。
毎日毎日HIKIKOMORI。

さてさて、
今日は春の日常について紹介しまっす♪
久々の春ブログ登場w

こんな感じ↓

IMG_1706.jpg

ふむふむ。カリカリ。

 ↓

IMG_1712.jpg

ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ?!?!

 ↓

IMG_1721.jpg

ふぅ・・・・・・。。

 ↓

IMG_1715.jpg

今日は昼から曇りか~。

 ↓

IMG_1708.jpg

うぅっ。りんちゃん、えぇ子やなぁ・・・。

 ↓

IMG_1705.jpg

ちょっとトイレ・・・?

 ↓

1コマ目に戻る&エンドレス。

えぇ、そんな毎日。
そんな日常。


まぁとりあえずいっときますか。
「今週のガンダム」♪
第20話について。
とりあえず今回は大事件が!
今作初めてリアルタイムで見ました!ヽ(゚∀゚)ノ
まぁバイト先でワンセグで見たんだけどもww
あ、ちゃんとお仕事は終わった後ですよ?
たまたま見れたんだけどねー。
とりあえずそれはおいといて。


ついに世界にバラまかれた、
ニセのGNドライブたち!
機体もセットみたいですが、
まぁ量産型らしく、
ガンダムの象徴とも言えるツノはついてないみたいネ^^;

これで機体性能については、
CBと各国の軍の間における差がなくなりました。
これからは要するに、
ガチでパイロットの能力と物量が問われることになりました。

とはいえ、厳密に言うとGNドライブは同じではないので、
そこらへんがニセGNドライブの限界になりそうですな。
最終的にはその差によって、元祖ガンダムたちの勝利、となりそうな予感。
まぁ、暴走でも突然のパワーダウンでも爆発でも、
原因は何でもイイんだけどさ。

それに伴って今回わかったこと。
どうも赤いGN粒子は人体には悪影響を与えるみたいですネ。
特に中枢系に。

現段階では、
それはニセGNドライブのみの特徴だと予想しますが、
もしこの予想が当たれば、
これがニセGNドライブ搭載機の敗因に繋がりそうです。

まぁこれがわかったのは、
ルイスちゃんの左手が再生不可とかゆー会話があったからなんですが、
さすがに未来。
各器官の再生治療が実現してるみたいですネ!
世界的にはたぶん今まさにそういう研究をしてる最中だと思うんだけど、
これが実現すれば、
任意の臓器とかを、既存の細胞を元に作れるワケで、
ドナーとか拒絶反応とか、そういう話がなくなっちゃうワケですネ。
おまけに損失した身体の一部まで再生できるとなると、
もうそれは何でもありなワケだけども。
俺が生きてるうちに実現するかはともかく、
いつかは実現できそうってのはやっぱりスゴいよね~。

それからそれから、
グラハムさん?
ユニオンのエースパイロットの人ネ。
またまたブシドーを見せてくれましたww
ニセGNドライブ搭載機が各国に配られたワケですが、
そんなもんには乗らん、とw
俺はアクマでフラッグ(=ユニオンのMS)に乗って勝つ、とww
ブシドーですなぁ~。
まぁこの人は終盤まで死なないと思うので、
安心して見てられるんだけどねー。
どうせ終盤にはニセGNドライブ搭載機はともかくとして、
ガンダムと同等性能の機体に乗り換えてるとは思いますが。


そいから。
先週分ではちょこっとしか触れなかったけど、
サジくんのお姉ちゃんのキヌエさん?だっけか?
やっぱり死んだデショ?!
今までは特に注意してなかったんだけど、
先週から急激に死臭(→使い方に誤り有りw)が漂い始め、
やっぱりデショ?!?!

予想的中デス!ヽ(´ー`)ノ

もうネ、
これまでのガンダムを見てきて、
だいたい死にそうな人ってわかっちゃうのヨ( ´ー`)y-~~
今まで「まったく」予想できなかったのはあんまりないですネ。
まぁニコルの時は、
まさか、いやまさかねぇ、
とあの2秒か3秒の間(ドコかわかるかしら?w)に考えたんだけど、
ホントに死んじゃった~!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
とかなり凹みましたが。。

まぁ今日の描写だけだと生きてる可能性も十分あるんですが。

ただ今後の展開を予想する上で、
ルイスちゃんが左手損失で戦線離脱。
お姉ちゃんも殺されて戦線離脱。
これでサジくんを孤立させ、CBの活動に絡ませる、
と考えたほうがわかりやすいので、
たぶんお姉さんは残念ながら死亡確定ではないか、と。
ワタクシは予想しておりますです、はい。


しかし今回、
ボクの予想が1つ外れてしまった可能性が高いことがわかりました(;´Д`)

アレハンドロさんだっけ?
あの人が単純に裏切り者である、という説は否定したんですが、
どうもその通りなんじゃまいか、と(ノД`)シクシク

今回の作品はアレね。
今のところ、あんまり裏をかく、みたいなことはほとんどないネ(;´Д`)

ただ現段階では、
ラグナさん(3兄弟の親玉)とアレハンドロさんのつながりが見えてないので、
俺の予想が当たる可能性も一応は残してるんですが。

まぁとりあえず、予想が外れたと考える根拠が、
リボンズくん(=アムロの声の人)の存在。
今までアレハンドロさんは散々、
「君はボクの天使だ・・・」みたいなキモいことをたくさん言ってたんだけど、
どうもこの人がキーパーソンだったらしい!

現段階の予想では、
ティエリアくん(=メタボガンダムのパイロット)と同種の人間だと思われます。

どうも新ガンダムの3兄弟もデザインベイビーらしいんですが、
このティエリアくんとリボンズくんも、
まぁ前回ちょこっと触れた通り、
同じくデザインベイビーなんじゃないか、と。

ただあの3兄弟とはたぶん前提が違って、
あの3兄弟は単純にパイロットのためにだと思います。
たぶん物語中に3人のうち何人か死ぬと予想します。
全員は死なないんじゃないかと思うんだけどネ。

それに対して、
ティエリアくんとリボンズくんは、
ヴェーダ(=めいんこんぴーた)と心を通わせるために、
作られた人間なんじゃないか、と。
こんぴーたと人間のツナギとなる人間。
現段階ではそう予想します。

ただこのリボンズくん。
どうも読めないネ。
アレハンドロさんを最終的には裏切る臭いがプンプンしてますが、
どうなるんだろね(;´Д`)


まぁこんな人間関係の中で、
現段階における不確定要素は、ワンリューミンさん(=中国人?)です。
俺の予想ではこの人は物語中に死んじゃうと思うんだけど^^;
まぁそれはおいといて、
この人がどんな役割を果たすのか。
今後のキーパーソンの1人であるとは思いますネ、はい。


まぁそんな感じでw

あの強化人間とかもどうなるのかわかんないけど、
たぶん元祖ガンダムそれぞれに、
ライバルを用意してるっぽいので、
当座は死なないと思うけどねー。


前半編も残すところあと6話!
楽しみだ~♪

なんかこうして毎週ガンダムを楽しみにして、
1話を数回見てると、
浪人時代を思い出すな、何だか。。
切ない・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


ボク決めましたヨ。
1つだけ。
3月に入ったら1回だけ、
バイク乗ってこようと思います。
学校ある間だと通学で乗る機会があるけど、
今まったくないので、
俺自身の欲求不満ももちろんあるんだけど、
バイクの調子が心配(;´Д`)
バッテリーとか不安だしネ。
ホント最近滅多に乗らないし、
たま~にエンジンかけてあげるんだけど、
なんだかとっても調子が良くない感じなんデス(ノД`)シクシク
奥多摩でも行くか~。
頭カラッポにして峠を走りたい。。
別窓 | e.t.c. | コメント:3 | top↑
こんな人生も有りじゃね?シリーズ ④
2008-02-23 Sat 23:00
父親は公務員。
母親は専業主婦。
そんなごくごく普通の家庭で長男として生まれる。
真夏の真夜中のことであった。
血液型はB型。

生まれたときは3000グラムとヘビー級だっただけのことはあり、
スクスクと育ち、体つきには恵まれることになる。
一方で知能も高く、特に空間把握能力は幼い頃から突出していた。
滅多なことでは泣かず、とても静かで大人しい子に育つ。
感情表現が極めて苦手だった。

幼稚園に入園。
初恋相手は先生だった。
しかし持ち前の大人しさが裏目に出て、
大好きな先生の側でただジっとしている、そんな子だった。
知能が高かったため、
それに期待を高めた両親のススメで、
この頃からバイオリン教室に通うようになるが、
残念ながら芸術面での才能は皆無だったため、
小学校中盤で教室はやめることとなる。

小学校に入学。
十分に受験できる力は持っていたが、
持ち前の性格が面接にはとても不向きだったため、
普通の公立に進学。

1年生時に、
その後の人生を左右する友人に出会う。
一方で体格も良く、この後国内にいる間は、
常に列の最後尾をキープすることとなる。
またこの年、弟が生まれる。

2年生、3年生は特に大きな事件もなく、
4年生に進級。
この頃より、徐々に感情表現が豊かになり、
むしろ前面に押し出されてくることになる。
またこの年、
バイオリン教室を辞めると同時に、
空手道場に入門。

5年生に進級。
持ち前の体格から、ココまでケンカでは負け知らず。
また、感情表現が得意になったこともあり、
この頃からはクラスの中心的人物となる。
成績も悪くはなかったが、国語だけは苦手だった。
またこの年、人生で初めて家族以外の人間からバレンタインチョコをもらう。

6年生に進級。
この頃に初めて、将来の夢を自覚的に意識。
当時の夢はプロの料理人だった。
マンガの影響大。

中学に進学。
その才能から、両親は当然受験を考えたが、
結果にムラが有り過ぎたため断念。
普通の公立中学へ進学。
本人の強い希望もあった。
その理由の主だったものは、
小学1年生時から親交を深めていた友人と一緒の学校に行きたかったから。
感情表現は得意にはなったが、
それは表面上のことであり、
内面ではおとなしく、それゆえ他人への依存度が高かった。
当然当時の本人にその自覚はない。
また、徐々に自立心も芽生え始めてゆく。

1年生時、人生で初めてのカノジョゲット。
持ち前の体格からバスケット部に所属したが、
部活の先輩だった。

2年生への進級時に大きな事件が発生。
父親が仕事でミスをおかす。
父親のミス自体は小さなものであり、
十分修正可能だったにも関わらず、
運悪くミスの連鎖に繋がり、世間的にも大事件に発展する。
結果、父親は責任を取って辞職。
それまでの公務員としての安定した生活から離れ、
親戚のツテである会社に勤めることになるが、
その会社はアメリカに存在した。
2年生の半ばにして、一家4人で渡米。
当然、当時のカノジョとはこれが原因で破局を迎えたが、
親友とはこの後も長く文通を続ける。

新しい環境になかなか馴染めず、性格は逆戻り。
感情表現の乏しい、大人しい子になる。
また、慣れない環境のストレスは家族もおそい、
家族間の気持ちが空中分離寸前まで追い詰められる。
そんな状態の中でも、
本人の気持ちを支えたのは、親友からの手紙だった。
手紙のペースは1月に1通程度。
一方で、新しい環境に早く馴染むため、
また、他にすることがなかったため、
語学をはじめとして、勉強ばかりしていたことが功を奏し、
それまでムラがありすぎた学力が高レベルで安定し始める。
ドンドン飛び級をするようになる。

一方で、体格でも知能でも兄に劣っていた弟は、
自我の芽生えとともに、兄に強いコンプレックスを抱くようになっていた。
家庭環境の事情もあり、
徐々に悪い仲間とつるむようになる。

またこの頃、
父親がようやく仕事で成果をあげる。
家庭環境がようやく落ち着きを見せ始めた瞬間であったが、
時既に遅く、弟はついに薬物に手を出していた。
また母親はアルコール中毒になっていた。

その後母親は回復したが、
そんな劣悪な環境の中、19歳で大学卒業資格を得る。
大企業の研究所勤めとなる。
とほぼ同時に、アメリカ国籍を取得。

同時に弟とも長く話し合いを続け、
更生への道を歩みかけたその時、事件が起きた。
20歳の時、
弟は組織の争いに巻き込まれて死亡。
深い悲しみにくれる。
母親は再びアル中に。
長い入院生活となる。
また本人もそれらの重圧に耐え切れず、
ある夜、
酔っ払った状態で真冬の川に落ち、死にかける。
水は大して飲まなかったが、体温が著しく低下。
一度は心配停止状態に追い込まれるが、
医師によって、心配停止から5分後に蘇生。
障害も特に残らなかった。

21歳の時に、運命の出会いをする。
日系3世のアメリカ人であり、職場の同僚だった。
歳は2歳上。
人生で2番目のカノジョ。
この女性は、弟の死の悲しみから救い出してくれた人であった。
仕事で何度も会ううちに、色々なことを愚痴るようになり、
次第に大きな悩みを相談するようになる中恋愛感情が育まれた。
この後、長く付き合うこととなる。
これらの生活の中で、徐々に感情表現能力が戻ってくる。
23歳からは同棲生活に。

時を同じくして、
文通を続けていた日本の親友が大学を卒業。
と同時に、それまでアルバイトでアシスタンスをしていたこともあって、
世界をまわるカメラマンとなる。
写真で大きな賞を取ったことがキッカケだった。

24歳時にはアメリカまで訪ねてきてくれ、
10年ぶりの再会を果たす。
それまでの文通で書き言葉には問題なかったが、
日本語の発音はもううまくできなくなっていた。
最初の一言である「久しぶり!」がおかしな発音になる。
これがキッカケとなり、
完全にピーク時の内面を取り戻す。

25歳時には正式にカノジョと結婚。
父親は看病で疲弊し、母親も長い入院生活の中で精神が崩壊しかけていた。
しかし、結婚式ではしっかりと祝ってくれ、
母親も一瞬ながら、往来の状態を取り戻す。
その時の言葉が、この後心に残ることとなる。

しかし事件が発生。
結婚式にやってきてくれた日本の親友だったが、
結婚式が終わると同時に仕事のために中東へ。
当時極めて情勢が不安定だったのだが、
紛争の中での人々の写真を撮ることが仕事だった。
それまでに何度か行っていたのだが、
この時は無性に胸騒ぎを感じる。
本人の心配をよそに元気よく出かけて行ったが、
不安は的中し、帰らぬ人となる。

身近な人間の死はこれで2度目であり、
半身を奪われたような痛みをともない、
再びどん底へ。
感情表現も乏しくなり、アルコールにおぼれるようになる。
暴力こそふるわなかったが、
感情的で辛らつな言葉を吐くようになる。
そんな中、妻の献身的な支えにより、
薬に手を出しそうになる寸前のところで、半年後に復活。
しかしこのときには、全く新しい決意を固めていた。

会社を辞め、軍隊に入隊。
周りからは当然大反対を受けるが、
紛争で大切な友人を失ったことに対する答えだった。
ここでついに妻の気持ちも限界に。
結婚生活はわずか1年足らずで離婚となる。
妻は特に文句も言わず、話し合いもなく、
ある朝起きたらいなくなっていた。
しかし、この時既に子供を授かっており、
以後、本人の知らない所でシングルマザーとなっていた。
子供の名前は、日本の花の名前にちなんで付けられる。

空手は続けていたため、基礎体力や体格には問題がなかったし、
またもともと空間把握能力には秀でていたため、
2年後には空軍のエースパイロットに。
28歳になっていた。


結局、紛争地域への派兵を経験することはなかったが、
31歳の時に、
演習中、後輩のミスをフォローするために墜落。
さらに運悪く、
エマージェンシーのシステムにもエラーが生じ脱出にも失敗。
帰らぬ人となった。
31歳、早すぎる死だった。

それにより、
快方に向かっていた母親、
そしてまた疲弊しきっていた父親も、
崩壊寸前にまで追い込まれるが、
元妻が子供を連れてやってくる。
それにより両親は徐々にではあったが、
完全に回復に至った。
別窓 | e.t.c. | コメント:0 | top↑
はうわーゆー? のっとふぁいん
2008-02-21 Thu 16:22
最近ちょと気になったフレーズたち。

その1↓
「仕方がないよ」と風が言うから、
ボクは素直に笑えなかった。
「そういう風にできているんだ」と月が言うから、
ボクは素直に眠れなかった。
「もう決まってしまったことなんだよ」と海が言うから、
ボクは素直に歩けなかった。

その2↓
11は人なつこく、5は騒々しい、4は内気で物静かだ。


どもども。
春です。

その1はまぁそのまんま?w
その2はネット上から。
数字をそんな風に捉えるってのはちょっと斬新でおもしろかったので^^


今日のメインはこちら。
先日先輩にちょっとした占い?を教えてもらったので。

ケータイからもアクセスできるんだけど、
その時はサーバーが重くてアクセスできませんでした(;´Д`)
さすが人気ですね、ハ○ホーw


その名も!
「ザ恋愛インタビュアー」!

春の結果はコチラ↓


↓ココから↓
あなたの代わりに1000人にインタビューしてきました。
ザ恋愛インタビュアー


早速 溌春 さんについて1000人にインタビューしてきました。


総合的なイメージ
 1位 なよなよしている  476票
 2位 どこか元気がない  230票
 3位 束縛が激しそう  105票
 4位 ジタバタしない  85票
 5位 言動が意味不明  81票

こんな恋愛をしてそう BEST3
 1位 ずっと我慢する恋愛  552票
 2位 一人の人にやたらこだわる恋愛  175票
 3位 我慢を通り越して諦めの恋愛  152票

こんな理由で別れそう BEST3
 1位 何が何だか分からないまま別れる  546票
 2位 彼女が他の人を好きになって別れる  167票
 3位 自分の嫉妬に疲れて自ら別れる  166票

こんな人がお似合い
〈SかMか〉
 1位 ドSの人  446票
 2位 ややSの人  310票
 3位 ドMの人  122票

〈性格など〉
 1位 いいところを認めてくれる人  552 票
 2位 長い目で見守ってくれる人  175 票
 3位 とにかくハキハキしている人  152 票

街角の声
〈東京都在住 53歳 バスガイド よしこさん〉
あらぁ分かるわ~。溌春の性格は若い子には理解しづらいかもしれないわねぇ。なんだか頼りなくも見えるし。いいところもいっぱいあるんだから、温かく見守ってほしいわよねぇ。

〈京都府在住 20歳 大学生 まきこさん〉
うーん、溌春さんについてですか…。私はどちらかといえばどっぷりと頼りたいほうなので、付き合う対象にはならないですね…。一緒にいると不安になるだけだと思います。

〈栃木県在住 14歳 中学生 きょうこさん〉
年上の人は好きですが、溌春さんはあまり好みではないです。なんていうか、年上っぽさがないっていうか、頼りないっていうか。バスケ部の先輩のほうがずっと大人びてますよ。

〈島根県在住 19歳 土木作業員 じろうさん〉
溌春?あぁ?しらね、そんなやつ。いや知ってるけど興味ねぇ。見てるとイラつくんだよな、なんか気合が入ってなくて。

〈宮城県在住 51歳 会社経営 きょうこさん〉
溌春のことを聞きたいんだ?んーまぁ私みたいなおばちゃんの意見が参考になるか分からないけど、若いのにバランスとりすぎっていうか、小さくまとまりすぎっていうの?同年代から見たら大人びてるんだろうけど、私の世代から見たら、つまらない男よね~。


溌春 さん、お疲れ様でした。
↑ココまで↑


・・・。。
なんてゆーんデショ?

たったアレだけの脈絡のない質問だったのに、


割と当たってるのはどーして?!アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ


まぁとりあえずは、

俺がドMってことだけはハッキリした?
しちゃった?


まぁやってみたいという方はこちら↓
ザ恋愛インタビュアー

ケータイからもいけますよ^^



最近、バイト先の上司にカメラについて熱く語ってもらいました。
かんなり詳しい人なので、
まぁそういう機械(?)系の話は好きだし、
だいぶ勉強になったんだけど、
やっぱり何にお金をかけたいかってのは人それぞれだってのが、
よぉ~くわかりました^^;

ついでに、
車やバイク(はたまたメンテやカスタムなど)について、
俺が熱く語ってる時の他人の気持ちが、
ちょっとだけわかりましたw(ちょっとかよ!

ブログ上で色々語ったことを斜め読みしちゃうとか、
ブログ上にアップした動画を見ても何やってるかわからないとか、
最初聞いたときは結構ショックはショックだったんだけどさ、
まぁ興味ないことについて語られてもねぇ(;´Д`)

でもまぁ、何事も奥が深いんです。
俺が語ってる内容も、その世界のプロからしたらほんのサワリ程度なんデス!


まぁそのやふな感じで。
しーゆー。
別窓 | e.t.c. | コメント:2 | top↑
やってきた!
2008-02-18 Mon 00:34
うちのママンはたまに配給物資を送ってくれます。
ありがたい限りです。
本当助かってます。

いやネ、別にケチつけようってんじゃないんですよ?
バカ息子のためを思ってのことというのは重々に承知しておりますです。

ちょいとワンポイント。
ちょいと一工夫。

それが大きな罠なんだって、そろそろ気付いてママンっ!(;つД`)

春です。



最近周りで納車ラッシュが続いております。
もうすぐ春。
新しい季節。
そしてやってくる新しい相棒。


まずは師匠から!
以前、師匠が車を買っちゃったという話をしたと思うんだけど、
つい最近が納車でした!ヽ(゚∀゚)ノ
アルファロメオのスパイダー2000コーダトロンカ!
それがこちら!↓
IMG_1689.jpg


都内某アルファロメオの有名ショップで買ったんだけど、
約束してたので、
納車日にはショップまで送っていったのネ^^
バイクの師匠を自分のバイクの後ろに乗せるというのは、
なかなか緊張感漂いますネ(;´Д`)
しかも師匠はタッパのある人なので、
後ろに乗ったらリアショックが沈みきってますがなアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
まぁ特にミスもなく師匠を送り届けることができたと思うんだけど、

師匠:「春のことは信用してるから^^」

というもったいないお言葉を頂きまして候(´∀`*)ウフフ
地味に嬉しい一言でしたw


しかしアレね。
こういうの見ると自分のも欲しくなるよね!><
納車ってイイもんです♪
確かに自分の骨ちゃんの納車日のことはよく覚えてるもんねー。
ショップに入った瞬間、

アレが自分のものになるヤツだ!!><

って一目でわかっちゃうんだよね~^^
そしてやっぱり、
ファーストインプレッションは「カッコイイ!><」で始まるのですよ!!


それはさておき、
↑のスパイダー2000コーダトロンカちゃんですが、
前にも言った通り74年の車ちゃんです。
エンジンは当然キャブ!
バッテリーも乾式らしい!
ボンネットを開けた状態でエンジンをかける機会があったんだけど、
エンジンが身震いする瞬間を初めて生で見ました!><
めっちゃ感動した♪♪

そしてさらに見ての通りオープンカーです。
完全なるツーシーターちゃん。
帰り道は後ろをついてったんだけど、
色んな人がジロジロ見ながら通り過ぎていくのが笑えましたww
うちまで一旦マイ骨ちゃんを置きにいって、
隣に乗せてもらったんだけど、
オープンカーってイイかも?!
納車日がちゃんと晴れてくれたのも良かったけど、
オープンカーってイイなぁ~と思いましたw

いやいや、ええもん見せてもらいました♪



お次は骨コミュの友達。
本日なんと!!

こちらの納車だったそうです↓
200802171058000改


CBR600RRコニカミノルタカラー!!

これは文句なしにカッコイイよね!><
女性の友達なんだけど、中野選手のファンだそうで、
確かに最強のファングッズだww
おまけに大型免許も、教習所に通わずに取ったツワモノです。
しかも都内でも1番厳しいと専らウワサの免許センターで!!Σ(´д`ノ)ノ

こちらは残念ながら納車には立ち会えず、写メを送ってもらいました。
骨コミュのみんなに会いたいよぅ(ノД`)シクシク
もうかれこれ半年はツーリングに行ってないので、
今までのことを考えると割と狂気の沙汰デス。。



ちなみにボクは夕方に、ある場所に行ってきました^^
割と近場にも関わらず、実は初めて行ったんだけど、
23区内でも唯一有名な公園らしいです。
なんかお城跡とかあって、
知ってないと絶対に読めない地名となってます。
普通に読んだら絶対「いし○みい」じゃんっ!!
そんな公園に初めて行ってみた。

しかし普通に癒されました^^
湖の周りを一周しただけなんだけどネ。
なかなか良かった。
犬の散歩してる人がたくさんいたり、
ジョギングしてる人もいたり。
近くにあんなトコがあったとわ!
実はまだまだ近場に知らないトコがたくさんありそうですな。

まぁとりあえず写真を結構撮ったので、一挙に公開~↓
IMG_1691.jpg

IMG_1695.jpg

IMG_1697.jpg

IMG_1698.jpg

IMG_1699.jpg

IMG_1702.jpg

IMG_1703.jpg


いかがでしょ?

んでまぁプラプラしてたんですがネ、
道の横からネコちゃんが出てきたんですよ。

春(頭の中):「あ!ネコにゃんっ!!」(←ちなみにいつもこんな思考回路

と思ったらですネ、
ネコちゃんと目が合ったんですよ。
そのネコちゃんはめっちゃ反対方向に行こうとしてたんだけど、
すぐにUターン!
俺がしゃがむと同時に胸の中に飛び込んできました!Σ(゚Д゚;エーッ!
まさに猫、春まっしぐら!ww
えぇ、BGMはセリー○・ディオンな感じですわ。
まさしく運命の出会い?!w

そのあとも肩にしがみ付いて離れません。
撫でてあげると「んな~」とか鳴いてるワケですが、
全然離れる気配がなく、その後10分くらいずっと抱いててw
道行く人にめっちゃ見られる、と(ノД`)シクシク
おまけに公園の常連さんっぽいおばあさんに話しかけられ、

おばあさん:「あらあら、今日はその子どうしたのかねぇ。気に入られたのねぇ」

と言われる始末!
うん、ボクがそれ知りたいっす。
初対面でこんなに無防備に懐かれる経験など皆無!

最終的にはちょっと無理やり降りてもらったんだけど、
イヤだ~って感じでしがみつこうとしてました^^;
地面の降ろすとすぐにプイってソッポ向いちゃってw
「もうイイもんっ!」って感じでしたw
何があったのかは知らないけども、
今日のちょっと心温まる出来事でした^^
犬派を公言してはばからないボクですが、
ネコちゃんはネコちゃんでイイよね♪

まぁ今日の一件は、
相手が人間で、なおかつ女の子だったらなお良かったワケなんですがネ。。
いやいや、初対面ということも考慮に入れると逆に引くか・・・?
ちょっと本気でネコ耳メイドロボットがやってこないか待ってみようか?!

とかバカなことばかり考えている2○歳の冬。



そうそう。
やってきた!がもう1つ。
ついにお隣さんが入った模様!
ちなみに顔とかは全くわからず。
挨拶とかに来る気配は今のところなしw
う~む、政経かー。
大家さんウッカリ俺の学年をペロっとしゃべってないかしら?!
つまる所心配なのはソコw



んじゃこの辺で、「今週のガンダム」いっときますか?!
今回は第19話について!

まずは新旧ガンダムの戦闘!
これは俺の予想が当たったトコ^^
いまいち盛り上がりには欠けたものの、新しくわかったこともたくさんありました。
しっかし、主人公たちに絶対的な強さがないネ。。
その辺り何とかして欲しいトコ。

まぁそれはともかく、
刹那と、個人的にムカついてたティエリアが協力してるのは興味深かったネ!

それから
以前メタボガンダムが装甲を外して、
髪付き(しかもロングヘアー)でスリムになってみせた、
ガンダムナドレーが再び登場!ww
新しい力を見せてくれました!><
それがトライアルシステム!
なんとなんと!
全ガンダムを支配下に置けるというすんばらすぃシステム!
新ガンダムをちょっとピンチに陥れてくれたのが良かった♪

さらに今回は、
主人公たちの名前ってのはコードネームなんですが、
刹那くんの本名が発覚!
その名も「ソラン・イブラヒム」!w
中東出身らしい名前なんだけど、なんか主人公っぽくない名前ですww

さらにさらに予想通り、
刹那がロックオンの仇であることが発覚!><
まぁ直接じゃないんだけどネ。
ロックオンの仇の組織に刹那がいたらしい。
だけど、それを告げ口したのが新ガンダム3兄弟の長男!
やっぱり3兄弟はムカつきますな(# ゚Д゚) ムッカー

ロックオンが刹那に銃口を向けるんだけど、
さすが大人なロックオン兄さん。
しかし俺より年下(涙
大人な振る舞いと考え方を披露してくれて、
やっぱりこの人が1番共感できるかもです。
まぁ結局刹那のことは撃たずに終わるんだけどネー。

ついでにこの時の、
ティエリアの発言が意味深!
そもそもHP上でも、プロフィールがただ1人一切不明となってるんだけど、
これらが何かの伏線だと考えられます!
とりあえず現段階ではクローンとまではいかないまでも、
人工的に作られた人間だと予測します!(>Д<)ゝ
ムカつくからスルーしてたけど、
よく見たらルリルリ(byナデ○コ)っぽくね?!

あとは前回とってヘビーだったルイスちゃん!
足もないかも?!疑惑だったワケですが、
両足は健在でした!
良かったネ!!(;つД`)
いや、良くないんだけども。。
そういえばこのシーンで挿入歌が入ったけど、
う~ん、いまいち(´▽`*)アハハ
やっぱり「暁の○」とかには勝てませんな( ´ー`)y-~~

それに関連して(?)、
サジくんのお姉さん!!(キヌエさんだっけか?
アンタ深追いしすぎやっ!
知りすぎたら消されるってのは常識やでっ!(;つД`)
割と死にそうな空気が漂ってます、はい(;´Д`)


最後に、全体的なお話。
話の流れ的には、CB内に裏切り者がいて、
しかも、実はアレハンドロさん?だっけ?
監視者って人が裏切り者って予測させたいっぽいけど、

俺は騙されへんで( ̄ー ̄)ニヤリ

あの監視者さんが実は全てを知っている可能性は高いとは思うけど、
計画の要たるヴェーダちゃん(=こんぴーた)も含めて、
最初から決まってたことなんじゃまいか、と。
つまり最初から情報は改ざんされて、
仕組まれていたことなんですよ!!

と、俺は予測しております。
つまり途中から裏切りが発生したワケじゃなくて、
CBとか計画の発足の時点で、創設者の意図から歪められたものになってた!
と個人的には考えておりますです、はい(ムフフ


最後はラストの描写について。
最初見たときは何かと思ったけど、
ついに!
ついに!!
GNドライブ(コピー品)がバラまかれるようですネ!><
今までみんなにとっては、
何が何やらわからなかったGNドライブだったと思うのですが、
それが各国にバラまかれてしまうようです!
つまり、各国のMSにGNドライブ搭載型が出てきてしまう、と!
まぁ話を聞く限りじゃ、
コピー品のGNドライブはエネルギーが有限らしいんですがネ。
オリジナルのGNドライブは理論上エネルギー無限らしいので、
そこらへんは差があるにしても、
戦力的にはますますオリジナルガンダムたちの強さが失われていく(;つД`)
もう見てられないッスよ(ノД`)シクシク

だがしかし!
ココ最近は物語が加速してます!
イイ感じ♪
前半戦もあと7話!
前半編はどうやってまとめるんでしょーか?!
予想ではやっぱり、
現在のオリジナルガンダムたちが敗北&機体バラバラ?!
んで後半編から新ガンダム登場?!(´∀`*)ウフフ
まぁ機体乗り換えの前に、
1度は敗北(もしくは大ピンチ)を味わう、というのはセオリーですからネ♪


まぁ今週分はこのへんでb



最後に、
こないだ湯島天神に行った時の写真でも^^
残念ながら写メなんですががが(ノД`)シクシク

いやネ、
デジカメの新しいバッテリーを注文して、
あの日の午前中にちゃんと届いたんですよ?
んで、出かけるギリギリまで充電しとこうと思ったのが運の尽き(;´Д`)
そのまま忘れて出かけるという、
とってもありがちなパターンに敗北を喫しましたつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

まぁ何はともあれ↓
200802101412000.jpg

200802101503000.jpg



ではでは、またねん。
別窓 | e.t.c. | コメント:2 | top↑
こんな人生も有りじゃね?シリーズ ③
2008-02-17 Sun 13:35
父親はサラリーマン。
母親は専業主婦。
父親が長男だったため、その第一子男の子ということで、
親戚の期待を一身に受けて生まれる。
オナカの中で、へその緒が首に巻き付いている可能性があったため帝王切開にて。
秋のある日の正午直前の出来事であった。
血液型はO型。
名前の由来は「健康で頭の良い子に」

とても泣き虫で甘ったれに育つが、2歳の時に妹が生まれる。
以後、お兄ちゃんの自覚とともに、妹をすごくかわいがる。
どれくらいかというと、
ダンプカーなんかが道を通ると「大丈夫よ!」と抱きしめてあげるくらいだ。
しかし当の本人は「何してんだろう、この人?」という目つきでどこ吹く風であった。
妹やいとこを含め、遊び相手は女の子ばっかりだったためママゴトばかりしていた。
3歳でカ○イ音楽教室へ。
簡単なリズム遊びを覚える。
妹も一緒だったため、妹は1歳からの英才教育となる。

幼稚園に上がってからも、遊び相手は専ら女の子ばかり。
人並みにロボットやヒーローにも憧れるが、遊び内容は変わらなかった。
特別仲の良かったのは近所の女の子2人だったが、
そのうちの1人が無意識に初恋相手。
3人で遊んでいても、その子だけに特別扱いを繰り返す。
しかしその子は、小学校に上がるときに引っ越して行く。
また、年長さんの時にヤ○ハピアノ教室へ。
キッカケは母親に言われた「ピアノ弾いてみたい?」だった。
何も考えずに「うん」と答えたが、
後々考えてみると母親の策略であった。
以後グループレッスンを受けることとなる。
また、幼稚園年少時には人生で初めて将来なりたいものを答える。
答えは「ぞうさん」

小学校に入学。
相変わらずの泣き虫の甘ったれ。
殴り合いのケンカなど言語道断。
成績は悪くなかったが、スポーツはそんなに得意ではなかった。
学年が上がるとともに、優等生のレッテルを貼られ始める。
学級委員や各委員会の常連となる。
家での教育方針はとても厳しく、
ゲームなど言語道断。
テレビの視聴権も厳しく制限された。
人生で初めて買ってもらったゲームは、ゲームボーイ(初代)。

1年生のときに、初めて本格的に男の子の友達ができる。
1人はヤンチャ坊主、1人はオデブちゃんだったため、凸凹トリオが出来上がる。
下校時に1度事件が発生。
交通事故にあう。
道で拾ったモノを上記ヤンチャ坊主と投げ合っていたのだが、
それが道の反対側に落ちる。
ヤンチャ坊主は無事に道を渡るが、
駐車車両越しに車を確認しただけで道路に出ると、出た瞬間に記憶が飛ぶ。
目撃者の話によると、なかなかの飛距離を記録。
人生で初めての救急車を体験。
救急車の中で1度意識が回復。
大変なことになったと思い、親に怒られるのが怖くて、コレは夢だと思い込もうとする。
病院到着時に再び意識が回復。
その時見た母親の顔が、その後強烈に記憶に残る。
仲間内では、この事故のせいで顔も頭もおかしくなったと専らのウワサ。
ちなみに骨折などはなし。
またこの年から習字教室に通い始める。
さらにこの年には、初めてのピアノ発表会を体験。
グループ発表会だったが、担当はノリでトライアングルに。
緊張のため冒頭で頭から楽譜が吹っ飛び、中盤はずっとフリーズを続ける。

家の近所に新しく小学校ができたため、
小学校2年生で転校。
それまで一緒だった友達たちの半分も一緒に。
2年生のクラスで、その後親友となる人物に出会う。
偶然この年に引っ越してきた男の子だった。
しかし当時ベッタリだったのは別の友人で、
その友人とは中学3年まで常に行動を共にする。
また、この年父親が資格を取得して独立。
母親も一緒に働き始める。
職場と家が隣同士の場所へ引っ越す。
ちなみに前の家とは、直線距離にして50メートル程度。
また、それと前後して気管支炎で入院。
人生で2度目の入院となる。
入院直前に、新しく建てた家の餅まきがあったのだが、
熱のある体でそれに参加。
友人がダンボールを持ってスタンバイしていたのが記憶に残る。
一説によると、これが気管支炎に悪化した要因。
またこの年、自覚的に恋を体験。
仲良しグループの中の1人を好きになる。
席替え時、最大の勇気を出して隣に席になろうと言う。
またこの年人生で初めて母親以外の人間から、
バレンタインにチョコをもらう。
しかしその内容は本命次点であった。
またこの年、将来なりたいものは宇宙飛行士に。
日本人で初めてSSに乗った某人の影響だった。
しかし、母親に「宇宙飛行士は職業じゃない」と言われ大きなショックを受ける。
この時母親が代わりに猛プッシュしたのは、なぜか検事。
この辺りから徐々に医師を目標に置くようになる。

3年生辺りから、徐々にO型(=適当)の片鱗を見せ始める。
それと共に、コツコツタイプではなく瞬発力タイプであることも発覚。
しかし当時は自覚なし。
またこの年、
ヤンチャ坊主のお兄ちゃんのススメで近所のソフトボールチームに入る。
ポジションはベンチ。
常にホカホカ。

4年生に進級。
この年は様々なことをやらかす。
またこの年の担任は厳しいと専ら評判の先生だった。
手始めに春の遠足で集合時間に遅刻。
時間を勘違いしていたためだが、
心配した先生からの電話に本人が出る。
秋の遠足では近場の海へ。
当然泳げる季節ではないのだが、
友達8人くらいと一緒にズブ濡れになって遊ぶ。
帰りのことを考えてないと、
横一列に並んで張り手をくらった後、みんなで早退。
またこの年、妹が発見した某ロボットアニメにハマる。
またこの辺りから、将来の夢を明確に意識し始める。
某ドラマ「振り返○ばヤツがいる」の影響大。

5年生に進級。
転校生がやってくる。
クール、頭イイ、カッコイイ、と三拍子揃った男の子であった。
それに対する憧れから、その男の子のやることをマネし始める。
ランドセルの背負い方、靴、ボールペン、字の書き方、ペン回しまで。
この時に愛用ボールペンが決まり、以後ずっと使い続ける。
また、自分の字の書き方もこの時に定着。
当然モテにモテたこの友人。
ラブレターの配達係を2度ほど請け負う。
微妙な違和感を感じる11歳。
しかしこの年には初めてのことも体験。
毎年違う相手に片思いをしていたが、初めて両思いに。
当然付き合うなどという概念は持ち合わせず。
しかし、仲良しグループの女の子と一緒に遊んでいたことが原因でフラれる。
女の構成成分について悩む。
またこの年、以後信頼を置くことになる友人に出会う。
またこの辺りから近所のソフトボールチームでもレギュラーを獲得。
実力ではなく年功序列によるものだった。
守備は、ライト→セカンド→センター→サード→レフト。
サードからレフトへは本人の強い希望による。
しかしサード時に一度ファインプレーを披露。
打順は2番辺りから徐々に下位打線へ。
練習ではガンガン打つが、試合では緊張してしまい見送り三振を多数記録。
何も考えていなかった。
8番になった時には、監督から「打順は関係ない!」と慰められる。

6年生に進級。
周りの友達が塾に通い始めたりしたことによって、
自分も塾に通いたいと言い始める。
本人の希望はただ塾を体験してみたかっただけだが、
両親の策略により中学受験のための進学塾へ。
実家から遠かったため、人生で初めて1人で電車に乗る。
実力順にA~Dクラスに分けられ、最高はBクラス。
両親の志望校ボーダーは比較的高く、
結果それに届かなかったため、中学受験は断念。
受験すらしなかった。
普通の公立中学へ進学。
また通塾にともなって一方的にソフトボールチームを抜けたため、
後々元チームメイトとは気まずい関係に。
またこの年人生で初めてラブレターをもらう。

中学へ進学。
6年生時の通塾経験が役に立ち、
学習面では栄華を極める。
3年生時はほぼ常にトップをキープ。
周りの人間がザコに見える。
しかし取り柄は他になかったため、
スポーツは苦手ではなかったが人並み。
サッカーをやっていても当然ボールはほとんど回ってこない。
音楽が得意であった程度。
合唱コンクールでは、学年でただ2人の男の子伴奏者を3年間つとめる。
もう1人は親友。
3年生では優勝クラスだったため、卒業式でも演奏。
中学進学と同時に習字教室を辞め、
ピアノ教室も個人レッスンに変わる。
テニス部に所属するも、常にベンチを温める。
また、後に残った友人のほとんどはこの時の友人。
2年生後半から生徒会に所属。
役職は副会長。
1つ上の学年の卒業式では送辞を読み、涙を誘う。

2年生で事件が発生。
バレンタインに告白され、人生で初めてのカノジョゲッツ。
徐々に家庭内でも荒れ始める。
当時親友にもカノジョがいたため、ダブルデートも経験。

3年生に進級。
小学2年生からずっとベッタリだった友人が転校していく。
夏休み、
市内の各中学の代表が集まって、中国の友好都市へ派遣される。
当然費用は市の負担で、1週間ほど中国へ。
三ツ星以上のホテルを満喫。
貴重な体験となる。
また人生で初めて、値切るという技を覚える。
しかし夏休み明け突然カノジョにフラれる。
女の構成成分について悩む(再)。
しかしこの時の体験は大きな糧となる。
またこの辺りから少女マンガにハマり始める。
高校受験では中学受験のリベンジを敢行。
当時の第1志望には落ちるが、第2志望にはリベンジを完遂。
しかし、父親の言葉でそちらへは進学しないと自分で決める。
余裕を持って、県内トップ3の公立高校へ。

高校へ進学。
部活は弓道部へ。
塾もやめ、まったく勉強せずにいたらアッという間に成績は急降下。
唯一の取り柄を失う。
徐々にマジメ君の仮面が剥がれ始める。

1年生の夏には2つのことを始めた。
1つはタバコ。
もう1つはギター。
安いギターをドキドキしながら購入。
この時期某バンドに猛烈にハマった影響もあり、仲間内でコピーバンドを結成。
パートはボーカル&ギター。
スタジオに行くようになる。
その後、徐々にエフェクターやアンプを揃える。
この間も成績は低空飛行。
苦手科目は英語。
これはヤバいと、1年生の秋辺りから塾へ。
徐々に成績が回復。
3年生時には英語は得意科目になる。
また1年生時はモテ期が到来。
ほぼ同時に2人から告白を受ける。
他にも微妙なの多数有り。
そのうち1人と付き合い始める。
しかし短期間で崩壊。
後味の悪いものとなった。
またこの年の選択音楽の授業で、初めて作詞を体験。
友人が作曲。
後にリメイクされCDになったこの曲は、以後宝物となる。
またこの辺りから、
某「世界でいち○ん大嫌い」というマンガの影響により、
オネエ言葉を使えるようになる。
またその影響でピアスホールを1つあける。
氷で冷やした後に安全ピンで。
しかしこの1つ目は穴がすんなりあかず、
安全ピンを通した状態でバイオリンを弾く(安全ピンが弦)。
激痛に耐えることとなる。
この後毎年1つずつ増え、最終的には3つに。

2年生に進級。
悩んだ末、父親の言葉で理系に進学。
この年に友達たちとCDを作成。
友人カップルに贈る曲を作る。
作詞を担当し、先と作曲は同じ友人。
しかし、CDが出来上がる頃には友人カップルは崩壊寸前だったため、
非常に微妙な雰囲気となった。
秋には新しくカノジョができる。
前のカノジョとの空きが半年程度だったため、白い目で見られる。
しかし、2年生の終わりに崩壊。
またほぼ同時期に祖父が死去。
ショックも2倍。

3年生に進級。
ボチボチ受験勉強を開始。
この年の文化祭では初めてライブを体験。
友人たちも集まってくれて、評価は上場。
1番声量もあった時期だった。
またこの年、某ファーストフード店に曲を応募。
作詞作曲担当は先のCDと同様。
作詞担当はここまでの3曲が全てとなった。
また3曲中初めてメインボーカルを担当。
時間などの関係で納得しきれない仕上がりとなった。
当然カスりもしなかった。

一般家庭だったため、国公立以外に選択肢なし。
しかし、大学受験に失敗。
浪人の道を選ぶ。

河○塾に入ると同時に、寮へ入る。
初めての疑似1人暮らし。
甘ったれて育ったためか、
1日目の夜は色々な気持ちの中うまく眠れず。
そんな中、高校2年生時のカノジョ(浪人中)と復縁。
しかし、夏の終わりには崩壊。
ところがまたまた年末に復縁。
この時は友人が仲立ちしてくれて、丸1日ド○ールで話し合い。
人生で初めて1日でタバコ1箱を体験。
そんなこんなで受験に失敗。
またこの年にその後大事な友人となる人たちに出会う。

浪人2年目へ。
予備校は変わらなかったが寮ではなく通学へ。
だんだんと精神が蝕まれていき、
予備校のない日は海辺で1日歌う。
様々な人と出会う。
またこの年には成人式に参加。
微妙な気分で1日を過ごす。
再び受験に失敗。
国立大学後期試験では、その後大事な先輩となる人物とニアミス。

浪人3年目へ。
予備校を変えるとともに、ケータイ電話を解約。
自分を追い込む。
と同時にゲーセンの常連に。
短いこの時間を糧に精神を支える。
しかしこの年もあと一歩で受験に失敗。
一緒に受験した友達は合格。
滑り止めだった某有名私立大学に進学。
幼い頃からの夢への道が断たれる。
これを期に、最も住む予定のなかった地へ引っ越し、初の1人暮らしを開始。

大学へ入学。
入学式ではちゃんとスーツを着ているにも関わらず、
新歓の手はスルー。
その後バンドサークルに入るが、
自分のやりたい音楽シーンはもう残ってないこと、
自分の力に限界を感じたこと、
の2つを理由に早々に退会。
しかし、この時の友達とは後々も交流があり、
特に後述のバイク、車関連ではお世話になる。
一方でヒキコモリを始める。
しかしオンラインゲーム上で大事な友人たちをゲット。
1浪目に復縁したカノジョとは続いていたが、結局破局。
大学で新しくカノジョができる。
人生で初めて、自分で選び取った人であった。
この年の後半、自動車免許を取得。
続いて中型二輪免許を取得。
さらに続いてアルバイトを始める。

2年生に進級。
と同時にバイクを購入。
人生で初めての高い買い物であった。
我が子のようにかわいがると同時に、色々な場所へ行く。

3年生に進級。
春先にバイクで初めての転倒。
原因は居眠り運転。
なかなかのケガをしたが、骨折などはなし。
自走して帰るが、バイクのほうは大変なことに。
修理に頭を悩ませる。
程なくして、カノジョに別れを告げられる。
ショックも2倍(再)。
後悔だけが残る。
どん底の中、資格取得のために専門学校へ。
ダブルスクールを始める。
少しずつ現実と向き合い始めた瞬間だった。
しかし忙しさはキャパシティーを越え始め、
アルバイトのほうでは仕事が回らなくなる。
しかし、アルバイト先の仲間うちが居場所となる。
またこの年、
某SNSサイトのバイクコミュニティのツーリングに参加。
新しい輪が広がる。

4年生へ進級。
資格や卒業年の関係で就職活動はなし。
精神的には浮き沈みは繰り返しながらも、
徐々に環境は落ち着きを見せ始める。
こんな人生も有りじゃね?シリーズ ③の続きを読む
別窓 | e.t.c. | コメント:2 | top↑
Spider割に試験する(BlogPet)
2008-02-14 Thu 07:26
きょうは、Spider割に試験する?

*このエントリは、ブログペットの「Moon」が書きました。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | top↑
春の悩み相談室 パートⅡ
2008-02-14 Thu 02:02
今週のこのお時間がやってまいりました!
春の悩み相談室~♪


さてさて、
今日の相談者、ふむふむMさんですか。

「幸せって何ですか?
 見つけにくいものですか?
 人生って何ですか?
 楽しいんですか、それ?
 食べて、寝て、息をして。
 ぶっちゃけそれだけですよね?
 ただの肉の塊がひしめきあって、
 何してるんですか?
 この世界が確かな証拠なんて何もないのに。
 何か意味あるんですか?
 教えてください。」

とのことですが。。

う~ん。
それは難しい問題だねぇ。

まず世の中には考えてはいけない命題というのがある。
なぜダメか問題じゃない。
それさえ考えなければ、
日々一喜一憂しながらも、
幸せな一生を送れるワケさ!

そしてもう1つ。
往々にして、人生の90%は苦痛ばかりさ。
逆にそうでないと、残り10%を幸福と認識できない。
それに何より、幸福と不幸のボーダーラインは日々変化するものだ。
慣れとナイモノネダリは世の常だ。
また人間は、
理性以外に「気持ち」という判断基準を持っている。
これが大いなる不確定要素となってしまうワケだ。

つまり結論を言ってしまえば、
この世界とは、
不確かだろうと確かだろうと、
「そういう風にできてる」
というだけのことさ!
いかに心を殺し、感覚を鈍らせるかが幸福に生きるコツさb
ココで注意したいのは、
何かを失っていると感じてしまうことだ!
これが大きな間違いのもとなので、
そこにさえ気をつければ大丈夫さっ!
ゆとりも効率化も責任感も優しさも意味がない!
アイデンティティーなんてものは愚の骨頂と覚えておこう!


わかったかな~?♪
ちょっと今日は難しい問題だったけど、
何とかなったみたいだネ♪


さてさて、
今日はもう1ついっとこう!
前回お便りをくれたKさんが再びお便りをくれました。

「前回は本当にありがとうございました。
 色々と考えてしまいましたが、
 そろそろ身辺整理とやらを始めたいと思います。
 何をすれば良いでしょう?」

とのことですが、
これは簡単だネ!
もちろん立つ鳥跡を濁さず、がコンセプトだ!

まず最初にしなければならないことは、
各契約を解除しておくことだ!
働いているなら辞表を出しておかないといけないし、
定期的に料金が発生してしまう契約なんかは解除しておこう!
残念ながら借金が残っている場合には、
まだ身辺整理を始めることはできないので注意が必要だ。

次にすることは、
もし必要なら「お手紙」を残しておこう。
もちろん残したい気持ちがあれば、の話だけどネ。
それに関連して、
動産、不動産に関わらず、何か資産と呼べるものを持っている場合には、
あらかじめ譲渡しておいたほうがイイだろう。
例えば乗り物なんかがそうだネ。
あとは楽器や、ちょっとした電化製品なんかだろうか。
ものによっては処分に困ってしまうだろうし、
譲りたい人がいるなら先に譲っておくのが得策だ!

それから次だ。
次にやるべきことは、
PCのハードディスクを、
ココがポイントなんだけど、
「物理的」にコナゴナにしておくことだ。
情報というのは恐いからネ!

それから後は、
時間的に余裕があるのなら、
それまでの人生で出会った人を訪ね歩くのもイイかもしれない。
コレは少々感傷的に過ぎるけどネ^^;

最後に、
各公共料金なんかの引き落とし先の口座には、
少し多めにお金を入れておこう!
後々そうした支払いが残ってしまうのはカッコ悪いからネ!
もちろん、あらかじめ契約解除ができるものは、
当然先にしておくべきだ。
それは最初にやるべきことに入るから、
注意が必要だよ!

おっと!
大事なことを忘れてたよ!
口座にお金を入れておくことに関連してだけど、
方法はもう決まってるのかな?
方法次第では、
持ち家じゃない場合、
あらかじめ部屋を引き払ってしまうことも選択肢の1つだ!

もし決まってないならネットで調べてみよう!
色んな方法があるけど、
当然各方法にはメリットとデメリットがある。
そんなことも結構詳しく載ってるなら、調べてみる価値はあると思うよb
個人的にオススメなのは雪山なんかで凍えてしまう方法だ!
場所を選べば永遠に誰にも見つからない可能性が高いのはポイントが高いし、
キレイさや臭いという点でもメリットがある。
自分に合ったものを見つけよう!
ちなみに眠くなるお薬は一見楽そうだが、
残念ながら市販品では効果が期待できない。
量で対抗することも一応可能だけど、
この場合吐かないようにするために四苦八苦するはめになる。
病院で処方してもらう必要がある点は、リスクが必要になってしまうネ。

ココで1番注意したいことは、
どんな方法を選ぶのも個人の自由だけど、
絶対に失敗しないことだ!
1回勝負、何より失敗を恐れるべきだと覚えておこう!

どうだろう?
意外にやっておくことは少ないし、
簡単じゃないだろうか。
何事も計画的に進めることが大切なんだネ♪


さてさて、
今日は2件も解決してしまったネ!
なかなか大変だったけど、
次も抜本的な解決ができるとイイな!
また来週~♪
別窓 | e.t.c. | コメント:2 | top↑
ハッピー ハピアー ハピエスト
2008-02-13 Wed 01:30
今日はこれだけ。


基本一方通行なボクですが。
ついに!
ついに!!

もらっちゃいました!ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ↓
IMG_1690.jpg



少し早いバレンタインチョコ。
現在絶賛溺愛中の生徒がくれましたヽ(´ー`)ノ


14日までにその生徒に会う日は今日が最後だったんだけど、
ちゃんとそこまで考えられる子なんです(涙

でもこっちとしてはバレンタインなんて忘れてたので、
予想外もイイトコだったためサプライズ効果もあり、
もうその嬉しさは言葉にできないです、はい(ノД`)シクシク

まぁね、
お世話になってる先生に、とかちゃんと考えられる子なんだけどネ。
まぁ目に入れても痛くないくらい可愛がってて、
ぶっちゃけ俺がバイトを続けるモチベーションであり、
もしバイトを辞めるとか悩んだときに、
唯一心に引っかかる生徒であるワケですよ。

今回のことは例えるなら、
大切に大切に育ててきた娘が、
「パパいつもありがとう」って感じで、
初めてバレンタインチョコをくれたような、
そんな喜びなワケです!
えぇ、パパ気分を満喫してます。


というワケで、
ぶっちゃけ何年か分の幸運を使っちゃった気分ですが、
割と明日死んでも悔いはないッス♪
もうそれぐらいw
しかし最近どうも喜びを伝えるのがヘタクソみたいで、
俺がどんだけ嬉しいか、ちゃんと伝わったかだけが不安(;´Д`)

でもまぁそんな感じで、
今日はハピエストな1日でございました(´∀`*)ウフフ
別窓 | バイト | コメント:2 | top↑
こんな人生も有りじゃね?シリーズ ②
2008-02-12 Tue 12:10
父親は普通のサラリーマン。
というごくごく平凡な家庭に生まれる。

出産当時父親の収入が非常に低く、
そうしたことも影響してか、
生まれたときは2000グラムの未熟児で、
生後しばらく保育器での生活を余儀なくされる。
血液型はAB型。
兄弟はおらず、一人っ子。

生活に困ることはないが、
決して裕福とは言いがたい環境で育つ。
母親は常にパートに出ていて、
小さな時から両親以外に面倒を見てもらうことが多かった。
そうしたことも影響してか、
とても引っ込み思案で、口数の少ない、おとなしい子に育つ。

未熟児であったことの遅れを取り戻すかのような成長を見せ、
保育園の知能テストではかなり高ポイントをマーク。
当然小学受験の話題も上がった上に、推薦の話まであったが、
家庭の経済的な問題で断念。
普通の公立の小学校へ進学。

以降、中学校、高校共に公立。
大学も何とか進ませてもらったが、国立。

知能は高いことはハッキリしていたが、
学校での成績はそう良いものではなかった。
真ん中より少し上程度。
スポーツは比較的得意で、少年野球チームでは活躍した。
しかし団体競技はあまり得意ではなく、イケていたのは打撃メインだった。


特に特定の友人とつるんだりすることはなく、
中、高と部活には所属していたものの、
家で図鑑などを眺めているのが好きだった。
しかし、決して暗い性格だったワケでも、何かコンプレックスがあったワケではない。
大学に入ってから、性格は真反対なのだが気の合う友人に出会い、
その後死ぬまで唯一心を開き、交流を続けた。

幼い時より興味のあった分野は化学分野。
大学でも化学を専攻し、
卒業後も製薬会社に就職。
比較的大企業だったため、結構な収入を得るようになる。

両親との間に溝があったワケではないが、
心の交流なく育ってきたためか、
お互いのことがよくわからずにきた。
しかし、自立して収入を得るようになると、
両親は息子の収入を当てにするようになる。
特に金銭に執着がなかったため、
最初はあまり気にしていなかったが、
徐々にそれを疎ましく感じるようになる。


就職2年目、運命の出会いを果たす。
相手は、提携先企業の営業をしていた女性だった。
仕事を一緒にしたワケでもなく、本当にまったくの偶然だった。
もともと人付き合いが苦手なため、
当然恋愛ごとにも疎かった。
しかし、相手の会社先に出向く度に顔を合わせ、
その度に一言二言ではあるが会話を重ね、
6度目に人生で初めて女性を食事に誘う。
人生で1番勇気を振り絞った瞬間だったが、
特定の女性に対してそのような気持ちになったことがなかったため、
そうせずにはいられなかったのだ。
この女性と、大恋愛の末に結婚。
交際期間半年の電撃結婚だった。

その後25歳と26歳の時に子供が2人生まれる。
女の子2人である。
特に問題もなくスクスクと育つ。


しかし、37歳の時、
知らない間に両親の保証人になっていたらしいのだが、
その両親が破産。
両親の借金返済を迫られる。
収入が少ないワケではなかったし、
それなりに貯金もあったが、
両親に金を持っていかれる事態は続いており、
経済的な体力はほとんどなかった。
額はそう大きくはなかったため、
返済することはできたが、家庭環境はボロボロに。
決して人間的にダメな両親ではないのだが、
息子の金をあてにしてしまう部分に関しては、
妻にいつも文句を言われていた。

また、研究に没頭すると周りがまったく見えなくなる性格だったため、
家庭のことを忘れてしまうことが度々だった。
娘2人の誕生日を祝った記憶も数える程度しかなく、
娘たちとは、小さいときから距離感があった。
また育児自体も妻に任せきりだったため、
両親の破産とその借金返済が引き金となり、
妻が失踪。
後に離婚届のみが送られてくる事態となった。
このため、急に家事に追われることとなるが、慣れないことにうまくいかず、
また、娘は2人とも思春期に差し掛かっていた上に、
これまでの距離感が影響してか、家庭はボロボロの状態に。
娘たちにとって、
大好きな母親が消えた原因は父親以外の何者でもなかった。
ストレスだけをためる日々が続く。
研究もうまくいかなかった。
大学時代に出会った、唯一の友人も色々と気を遣ってくれて、
手伝ってくれたりもしたが、
むしろ娘たちはその友人に懐いてしまう始末。
悩みは深まる一方だった。

そんな生活が2年も続いた39歳の時、ついに過労で倒れる。
検査の結果、胃にも黒い影が発見される。
悪性の腫瘍だった。
まだまだ手のかかる娘2人を残して、
目の前が真っ暗になったが、
早期発見だったため、手術も成功し、事なきを得た。
過労で倒れたことが、逆に早期発見につながった。

またこのときの入院生活で、看病をしてくれた長女と和解(?)。
単純にたくさん話をすることで、距離が縮まる結果となった。
次女はなかなか頑なだったが、
家族間の会話が重要であることを痛感した結果、
慣れていないながら、積極的に娘とも話をするようになったため、
次女が高校に上がる頃には和解に漕ぎ着けた。
その要因の1つとして、
次女本人も成長し、母親失踪時の事実関係が正確に理解できた点もある。

しかし、
研究に没頭すると周りが見えなくなる性格に変わりはなく、
娘たちからは文句を言われることも度々あったが、
本人の努力のかいもあってか、
破綻をきたすような関係ではなかった。


42歳、離婚から5年後。
一向に連絡のなかった元妻から連絡がある。
娘たちを引き取りたいというのだ。
さらに驚いたことには、元妻の失踪先は、
会社内でも唯一友人だと思うことができた、元同僚だった。
元同僚は3年前にヘッドハンティングされていたが、
離婚後、転勤まで、交流がある間も元妻の話をきいたことはなかった。
しかも今は結婚までしているという。

驚きとショックは隠せなかったが、
事情を話した上で娘たちに決断を委ねると、
意外なことに、娘たちは母親の申し出を断った。
これはかなり予想外であったため、
嬉しさのようなものを隠すことはできず、
一層家庭人になることとなる。

また、仕事のほうでも、
これまでの研究の積み重ねが、結果に繋がり始めていた。

48歳でノーベル賞を受賞。
一躍時の人となるが、
もともとの性格のせいかマスコミへの露出をヒドく嫌い、
話題性が続くことはなかった。
しかし、特許を取得することができ、莫大な富を得るようになる。

そのせいで会社と一時対立することになったが、
研究環境に対する謝礼ということで破格の金を払い和解。
大学卒業後から26年間勤めた会社を退職した。
その後独自の研究会社を設立し、独立した。
またこの時にも活躍してくれたのが大学時代の友人であり、
有能な弁護士を引っ張ってきたり、
小難しい事務業務を一手に引き受けてくれた。
会社設立後は、その友人に会社の代表となってもらい、
自分は再び研究に専念する。


55歳の時に、
突然の腹痛に見舞われる。
当時重要な研究に従事していたため、
入院をした上での精密検査をすすめられるが断固拒否。
通院のみで研究を続けるが、
原因がハッキリしない上に、通院での治療効果は全く出ず、
2ヵ月後、ついに入院をせざるを得ない事態となる。
研究自体は道筋はできていたが、
この2ヶ月が明暗をわけることとなった。

精密検査の結果、ガンが再発していたことが発覚し、
この2ヶ月間で急激に病状が進行していることが発覚。

1度目の手術は成功したかに見えたが、
術後の状態は芳しくなく、入退院を繰り返すこととなる。
案の定再発が確認され、
2度目の手術ではついに胃を切除するに至るが、
体力を著しく損なう結果となったため、
長い入院生活を余儀なくされた。
会社の研究のほうは、実質退いたと同じ形であった。


57歳のとき、実はガンが肺に転移していたことが発覚。
医者に告知を迫った結果だったが、
まだ周りに知らされる前だったため、
娘たちも含め、周りへの告知をしないようにしてもらい、
遺書など、死後の準備を整えたのち、
病院を退院。
ショックではあったが、再発したときから心の準備はできていた。

通院だけはしながら、
何事もなかったかのように会社に復帰。

半年ほどそのような生活を続けたが、
ある夜、娘2人と孫たち、それに唯一の友人を招いて一緒に食事をした。
とても楽しい夜を過ごした後、眠りの中天国へと旅立った。
次の朝、冷たくなった姿をお手伝いさんが発見することとなる。

娘たちと友人は死が近いことにはちゃんと気付いていた。
遺書によれば、遺産は三等分してそれぞれに残す手はずになっており、
それぞれの遺産の行き先と理由がハッキリと明示してあったこともあってか、
無用な争いを避けることができた。
莫大な額の遺産だったため、
両親や元妻がノコノコ出てきたが、
娘たちがしっかりと遺産を守った。
もちろん、父のためにである。

惜しまれつつ、少し早い死となった。
享年58歳。
別窓 | e.t.c. | コメント:2 | top↑
こんな人生も有りじゃね?シリーズ ①
2008-02-11 Mon 15:53
父親は某大企業の管理職。
母親は専業主婦。

そんな中上流の家庭の中で、3兄弟の末っ子として生まれる。
上の兄2人とは各2歳差。
血液型はA型。

両親、兄弟とも顔は普通だが(顔偏差値55)、
末っ子は顔偏差値70を突破。
将来の美男子は約束されたと期待されて育つ。

徐々にルックスをいかしはじめ、
幼稚園では4歳にして先生(23歳)をときめかせる。
卒園式では先生号泣。

頭は特別良いわけではなかったが、
持ち前の器用さで小学校受験を乗り切り、
慶○へ入学。
成績は常に真ん中よりちょっと下を保ちつつ進級。

ちなみに兄2人も慶○だったが、
こちらは成績はトップクラスを維持。
学習面の関係もあり、長男との間に溝が生まれ始める。
次男はどこ吹く風でマイペース。
長男との仲が悪いが、次男とは仲良くやる。

その間も小学1年生から着々とイケメンっぷりを発揮し、
小学校の間にもらったラブレターの総数は10通程度。
下級生の間は特に上級生からかわいがられたが、
上級生になる頃にはファンクラブが結成され、
ラブレター数が思ったより伸びなかったのはこのためもある。(抜け駆け禁止&監視
しかし同姓からの受けも悪くなく、
小学校の間に、一生付き合うことになる無二の親友をゲット。

中学校に入っても成績は同様にボチボチ。
残念ながらスポーツはあまり得意ではなかったため、帰宅部。
ファンクラブも着々と拡大を続け、
小学生から大学生までの会員を得るまでに至る。
英語の先生(32歳、独身)に特に気に入られ、
教師生徒以上の関係を迫られそうになるがなんとか回避。
その後も特別扱いを受けたため、英語だけは常に5を確保。

モテにモテたが、
この頃まで特に女性に興味がなかったため、
特定のカノジョは作らずにいた。

高校へ進級。
中学の英語の先生は進級時に号泣したという。
高校でも同様に帰宅部。
高校でも、今度は古典の先生に気に入られる。
おかげで、文系科目は苦手だったにも関わらず古典だけは常に5をキープ。

この頃から徐々にプレイボーイの本領を発揮し始め、
高校の間に付き合った女性の数は10人を超える。
しかも常に校外にしかカノジョを作らない徹底ぶり。
最短期間は3日。
最長期間は4ヶ月。

高校2年生の頃、
渋○でスカウトされ芸能界へ。
最初の1年はテレビやラジオには一切出ず、
モデル業のみを黙々とこなす。
雑誌の表紙を2回ほど飾ったが、
出版社には問い合わせが殺到した。

満を持して俳優としてデビュー。
持ち前の器用さを生かし、当初から演技力でも評価される。
同時にCDも出すが、
残念ながら歌唱力には恵まれず売り上げは伸び悩み、
これが最初で最後のCDとなった。
後に伝説のCDとしてプレミアがつき、
オークションでも高値で取引されることになる。

大学へ進級。
芸能界デビュー3年目。
俳優業とモデル業に加え、バラエティーの司会なども器用にこなす。

プレイボーイぶりは健在で、
様々な女優とのウワサは絶えず、
各場面でパパラッチに待ち伏せされるが、
決定的な証拠だけは掴ませず。
表面上はさわやか系を貫き通す。
事務所には再三注意されたが、プレイボーイっぷりは変わらなかった。

おまけにこの頃、
事務所の事務をしていた女性(24歳)と付き合うようになる。
持ち前の性格から、
カノジョをとっかえひっかえはしつつも、
付き合うのは1人というのをポリシーにしつつも、
この女性とは比較的長く続き、1年が経過。
この頃には大学2年生に。

しかし、交通事故でその女性が死亡。
最もショックだったのは、その女性が子供を身篭っていたこと。
女性が死んでからその事実を知ることとなる。
そして、自分が初めて心からその女性を愛していたことに気づく。
その女性の両親からは散々になじられ、
父親からは殴られることとなった。
そのせいで、左耳の聴力を少し落とす。

絶望のどん底で、ある決断を下す。

芸能界をスッパリ引退し、大学も退学。
医学部を目指す。


5年がかりで、25歳で地方の私立大学の医学部に合格。

大学1年生のときに、
アルバイトで家庭教師を開始。

ここで、教え子の母親の友人の妹(29歳)と出会う。
バツイチで4歳の子連れだった。
生まれてこなかった子供に重ね合わせ、
その子供と接しているうちに、
その母親との間に愛情が生まれてくる。
27歳で学生結婚。
周りの猛反対を押し切っての結婚だった。

2人の間に子供(男の子)も生まれ、家族4人で円満に暮らす。
血のつながらない娘は、むしろ実子よりもかわいがって育てる。
そのおかげか、娘の初恋の相手はパパとなった。

29歳の時、それまでの学費や生活を支えてきた、
俳優時代に貯めた莫大な貯金が底をつきはじめる。

妻の稼ぎはそう多くはなく路頭に迷いかけたが、
芸能界入りから大学中退、結婚と、
常に背を向けてきた両親と和解。
援助してもらうことにより、学生生活残り3年を過ごし、
無事国家試験にも合格。

臨床医として大学病院で必死に働く。
専門は小児科。
その傍ら研究も怠らず、多忙な日々を送る。

そのせいか、
息子が徐々にグレ始め、
14歳のときに無免許運転で補導される。
ここで改めて家庭を振り返ることになり、
妻や娘との関係は問題なかったのだが、
息子と向き合う時間をとるようになる。
息子も徐々に落ち着き始め、
高校卒業時にはトップクラスの成績に。
旧帝大クラスに現役合格。
学部は経済学部だった。

子供2人が自立し、
ことさら研究に没頭。
その結果、
ノーベル賞に至らなかったが、
次世代の治療法の基礎理論を構築。
学会で注目を浴びることとなる。

定年後は田舎に引越す。
自宅兼診療所のような場所で、ちょっとした病気やケガなどを診る。
妻と2人でのんびり暮らす。
20歳で失ったカノジョの墓参りは毎年かかさない。
それもあって、
30歳ころには相手方の両親とも和解していた。

82歳で妻が他界。
息子と娘が一緒に暮らそうと誘ってくれるが断固拒否。
妻と暮らした田舎の家でひっそりと暮らすが、
妻がいなくなった寂しさは耐えがたく、急激に覇気を失った。
84歳の時に階段で転倒。
病院に運ばれ、一時意識を取り戻すが、
翌日に容態が急変。
最愛の2人の子供たちに見守られて他界。
別窓 | e.t.c. | コメント:0 | top↑
雪のち晴れ
2008-02-10 Sun 09:24
さて皆さんに問題デス。

雪が溶けたら何になるでしょう~?

この答え、個人的にはすっごく好きです。
この答えを答えられる女性に会ってみたいです(´∀`*)ウフフ(それ何てエロゲ?



さてさて、今週のガンダムのお時間です。
今回はすっごく濃かったので、レポートも自然早くなりますw

まず先にお詫びしておきたいのは、
新オープニングちゃんと見てませんでした(;´Д`)
新ガンダムが出てきて興奮しすぎてました。。
機体乗り換えに夢を膨らませすぎてました。。
よぉ~く見たらですネ、

新ガンダム3機と旧ガンダム4機が戦闘してるやんっ!( ゚Д゚)!!

敵同士になりそうとかいう予想は簡単でした。
すみません。。


さてさて今回のお話。

とりあえず俺の予想がガンガン当たってネ?!ヽ(´ー`)ノ

予想的中その1・・・赤い粒子のGNドライブはコピー品だった ⇒コレすごくね?
予想的中その2・・・新旧ガンダムが敵同士に(まぁこれはOPから読めたんだが。。
予想的中その3・・・金髪の民間人の女の子の両親死亡

すばらすぃ洞察力!
さすがガ○オタ!!

フフ・・・君たちとは見てるアニメの数が違うのだよ( ´ー`)y-~~

あ、誰か。
そんなの全然自慢にならねー、
っつかむしろキモいって突っ込んであげてください。


しかし今回は割と重かったネ。
例の金髪の民間人の女の子の件。
ルイスちゃんだっけ?
2ch風に言うと非常にけしからんスタイルですが。
あ、ちなみに春はネラーではないので注意です。

ただ単に巻き込まれて死亡かと思ったら、

故意でしたか!!

それはさすがに読めなかった。。
あの新ガンダム3兄弟の末っ子ちゃん。
名前がちょっと出てこないけど、
&恐い子! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル と思ってたけど、
ホントにイカれてましたか( ´ー`)y-~~

次男もたいがいイカれててムカつくけど、
あの長男!
まともそうに見えて、たぶんキレたらかなりイカれてるんジャマイカ。
あの3兄弟には無様な死を希望。
キレイに死ねると思うなやっ!!( ゚Д゚)!!

そして、
両親どころか親戚一同デスカ。。
たった1人ルイスちゃんだけ残して(涙
おまけに本人も戻らない傷を負いました。
左手がぁぁぁぁつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
あとよく見えなかったけど、
もしかして足もなのかな・・・?(ノД`)シクシク
サジ君が座ったイスって、ちょっと車椅子っぽくなかった・・・?

とまぁ、
今まで自分は関係ないッスみたいな、
五体満足で、当たり前の道を当たり前に歩いてきて、
お気楽民間人だった彼らですが、
まぁ巻き込まれることもあるよねぇと思ってたら、
モロな上に割と重い展開(ノД`)シクシク
正直泣いちゃいましたよ、ボクつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そんな感じで、
今回は割とヘビーな展開だったワケですが、
意外な一面も見ることができました。

あのユニオンのフラッグパイロットの兄ちゃん。
第1話から出てる、やたら男前なあの人ですよ!
やっべー、最近いろんな人の名前が出てこねー。。

まぁとにかく誰かわかるよね?ってことで、
あの人がスゴいとこを見せました!

新ガンダム長男の機体の腕をもいだ!!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

大活躍ですよ、コレは!
まぁその後、Gに内臓やられてましたが。
トー○ギスに乗った当初のゼ○スを彷彿とさせますなぁ~( ´ー`)y-~~
でもカッコイイ一面を見せてくれました!
今まで何コイツとか思ってたけどちょっとファンになったわww

それに関連して、
この金髪の兄ちゃんの側にいるヤツ。
通称「ポニ男」君ですが、
前にちょっと、艦長のスメラギさんに惚れてることがわかって、
アレはアレで驚いたけどw

今回はなんと!
ポニーテールをといた姿で登場してくれました!ヽ(゚∀゚)ノ
これもなかなか新鮮でしたなw


そんなワケで、
終わりのトコでエクシアと新ガンダムズが戦闘に入りましたが、
新ガンダムの末っ子のせいで、ルイスちゃんの重い話、という展開で、
全く主人公の心理とは関係ないんだけど、
まるで繋がりがあるかのような戦闘突入!
久々に鳥肌立ちました!(;つД`)
次回が楽しみだぜ!♪

と、思ったら?!?!

実は刹那君がロックオン兄さんの仇だったって展開?!
えー?!?!

まぁ予告とナレーションだけから判断なのでまだわかりませんが。。
そんなのありかよ、新展開です。
もしそうだったらさすがに予想不可(;´Д`)


今話は今まででも1番密度が濃かった気がしますが、
これから急に加速しそうな予感。
前期も残すところ8話!
どうなるやら楽しみだー♪


あ、余談ですが、
4月からコードギアス2が始まるらしいッス。
まぁあんだけ伏線引いといてアレで終わりはありえないよね。。
こっちはリアルタイムで追う予定はありませんが、
楽しみです♪




まぁそれはさておき、
今日はこれから湯島天神様にお参りしてきます。
地元じゃ完全に有名なのは大宰府天満宮ですが、
湯島天神も祀ってる神様は一緒ですw

といっても、
自分のためではなくて生徒のため。
ついでに自分のことも祈ってこようかしら・・・?
アクマでメインは生徒ですけどネ。


そんなワケでまたねん。
別窓 | e.t.c. | コメント:0 | top↑
いつでも食卓に味噌汁を
2008-02-08 Fri 00:41
今日は1週間に1度のお話。

普段の俺はシャワー派です。

最近ハマり始めたのが、
ちゃんと浴槽にお湯をためてバ○を投入w
炭酸ガスの力を借りますww
つってもまぁ、
できるのが1週間に1度くらいが限度ですが。。

でも普段シャワーだけだって人は多いですよね・・・?

コラそこ、ばっちぃとか言わないっ(;つД`)

そういえばずっと不思議に思ってたんだけど、
人と接しててさ、

毎日ちゃんとお風呂に入って清潔にも気を遣ってるのに、
なんだか不潔な感じがする人と、
2日くらいお風呂に入らなくても平気で多少ダラしない格好をしてるのに、
あんまり不潔な感じがしない人と、
2種類いません?
体臭の問題とかなのかな・・・?(;´Д`)


まぁそれはさておき、
そんな感じで週に1回くらい浴槽でマッタリしてます。
小1時間くらいの話なんだけどネ。

音楽ききながらボケーっとしたり、
タバコを吸ったりしてます。
昔は湯船でタバコを吸うと気分悪くなってたんだけど(まぁ理屈はわかるよね?w
最近じゃスッカリ平気になりました。

手足が伸ばせるワケでもないけど、
最近のちょっとマイブームです^^
そういえば最近はシャワーばっかりだな~って人は、
ぜひお試しあれ♪


まぁそんな感じでですネ、
最近色々なことにちょっとずつ気を配ってます。

なんてゆーんだろうなぁ。

おいしい物を食べた時には、ちゃんと心からおいしいと感じる、とか。
おもしろい時には、ちゃんと心から笑う、とか。

そういう当たり前のことなんだけど、
ココ10年くらい忘れかけてたことを、
ちゃんと感じることができるように心がけてます。

とっても今さらなんだけど、
そういう当たり前のことが心を豊かにして、
ゆとりをもたせてくれるんじゃないかと思いまして。
ガムシャラにやんなきゃいけないんだけど、
修羅にならなきゃいけないんだけど、
だからこそと言いますか。
ずっと中途半端だったからネ。

まぁ厄も明けて、
真人間への道のり第1歩ってとこでしょうかw

そんな感じ。



さてさて、
今日も恒例のヤツをば。
「今週のガンダム」いっくよー。

トリニティ兄弟の全貌が少しずつって感じですネ。
あの真ん中のヤツがめっさムカつきます。
あーゆーヤツには悲鳴を上げつつ、恐怖に飲まれながら死んでもらいたいデスネ。
末の妹も何やら恐い感じです (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
あーゆー方には極力関わらない&近づかないが、うまく生きてゆく鉄則だと思います。

まぁとりあえず今のところ、俺の予想通りにことが進んでますw

問題はあの赤いGNドライブがただのコピー説ですが、
他説が考えられそうな感じです。


本命:赤いGNドライブはただのコピー品&それが元で暴走orピンチ

他説1:実は主人公たちのほうがコピー品

他説2:単純に仕組みとか製作のアプローチとか製作環境とかが違うだけ
     製作目的(GNドライブの役割)が違うというパターン

他説3:まったく違う人が作ったものが偶然同時期に存在したパターン(Wみたいな場合ネ


という感じでしょうか?


それから今作は、
V以来にハロに人間性が結構あって、
たくさん出てくるハロたちにはどうやら兄弟関係があるらしいです。
兄さんとかアンちゃんとか呼んでワラワラやってますw

今までオレンジハロが長男だと思われていたのですが、
どうもガラの悪い紫ハロが長男だということが発覚!!ww
物語を読み解くキーワードになりそうな感じです。


そもそも、
赤いGNドライブとか、記憶喪失の紫ハロとか、
謎の多いセカンドチームですが、
今までは、CB(=ソレ○タル・ビーイング)の中の特定の派閥が、
暴走した結果だと思ってたワケですよ。
でもどうやら、
主人公たちのほうが、ただの表向きの顔担当というか、
そういう役割だったっぽいですね。

今後主人公たちのプト○マイオスは、
CB本部(?)を無視して独自の路線をいく、という展開も考えられます。

まぁそもそも、
路線の違う2つのチームを同時に存在させることが、
創設者or計画者の意図なのかもしれませんが。。

この辺りはいくらでも予想がきく感じです。
現段階だとねー。


あと今回残念ながらお亡くなりになった、エイフマン教授。
どうやら1番真実に近かったようです・・・。
どうせなら全てを語ってから死んでくれww
You have witnessed too much.ってw
こういう場合にはwitnessを使うってのも勉強になりました。


最後に、
今まで何のために出てきてたのかわからなかった、
日本の学生カップルたちの件。
次回ようやくCBの活動と絡んできそうですネ。
まぁ今から展開は予想つきまくりなんですけどww
おそらく、
あの女の子の両親(or親戚とか?)が、
CBの活動に巻き込まれて死亡というパターン。
その後どう物語に絡んでくるのか?!

まぁ今回はこのへんでw




他の話題いきましょかw
まずは新ケータイの実力をご覧くださいw↓
200801291117000.jpg



画素数は俺の持ってるデジカメと同等。
に加えて、俺のデジカメにはない機能である手振れ補正が付いてます!Σ(´д`ノ)ノ
手振れ補正は重要ですよー。
いや、マジで。
シャッタースピードが落ちた時に、
ISOだけでは太刀打ちできないシーンが必ず出てきます!
ISOだけだと画像が荒れるしネ。
身近な先輩が写真に詳しいので、
素人なりに微妙に知識を付けつつありますw(先輩いつもどうもです♪

そんなワケで、
最近は新しいデジカメが欲しくなってますw
カジュアルでイイんだけど、
スペックを求めたミーハーじゃないコアなヤツw
というのが、
最近うちのデジカメはバッテリーがダメになってて(;´Д`)
2万くらいなら新しいの買おうと思ったのね。
そしたら、キャノンのイクシー810ISが安くて!
もう買っちゃおうかと思ったら、
リコーのカプリオR7とかR6とかがスペック的には優れてて、
しかもコアな感じがイイ感じなんですよw
しかしこっちは高い(;´Д`)
というワケで、
新デジカメはひとまず見送って、
バッテリーをおとなしく買うことにしました(ノД`)シクシク
画素数的には、
もうハッキリ言って500万越えると、
素人には違いなんてわかんないです。
だから正直どれも同じだと思う。
どっちにしても、最近は安くなったよねー。

まぁでも、
ケータイのほうに話を戻すと、
マニュアルで色々イジれるワケじゃないし、
所詮ケータイっちゃケータイなんだけどネ。
とはいえ、最近のはスゴいってことで。

あとは写真に写っているブツ。
最近ちょっと飲んでみましたw
割と飲める感じネ!
ちょっとビックリ。
この手のヤツはかなり苦手で、周知の事実ではあるんだけど、
まぁゆーてもだいぶオッサンなので、
そろそろ多少は健康にも気を遣わないといけないかな、と。

でも野菜ジュース系はとにかく苦手で、
嫌いって言いまくってたら、
ママンが箱買いで送ってくるという嫌がらせ事件も発生したりしたんだけどもw
今回はルシに言われて飲んでみました。
基本ガンコなもので、
他人の言うことなんか聞かない性格なんですが、
ほらだってさ、
結果がどうあれ、自分の思う通りにしないと絶対後悔するもん。
他人の言うこときいて後悔ってのは1番嫌いなもので。
それに、自分の思う通りにやって後悔しないと、その後のためにならないしネ。
と思うワケです。
上手くいく時なんてのは、どっちでも問題ないのでw
まぁそれはさておき、
ルシの言うことは割ときいたりしますw
で、飲んでみたんだけど、割と飲めますな( ´ー`)y-~~
毎日はムリだけど、たまには飲んでみようと思います。




お次はコイツ↓
IMG_1680.jpg



買っちゃった♪♪
セリカ乗りのバイブルと言われるこの2冊。
あらゆるパーツリストも載ってるし、
カスタムのポイントも載ってます。
当然セリカ自体は持ってないんだけど、
夢を膨らませつつ、モチベーションにしたいと思います^^

何をするにも、モチベーションってのは1番大事なものだと思うので。
結局何かを成せるかどうかってのは、モチベーションの問題だと思います。
能力によって時間とかの差は出るにしてもネ。
環境云々はただの言い訳です。
モチベーションの内容も関係ない。
そのために何を捨てるか、も重要。
それでも捨てられないものはやっぱり一生大事なものだろうし、
それを捨ててでも得たいものかどうかも問題。
それでもどうにもならないものにぶつかった時、
それは自分の限界だろうし、
確かに世の中どうにもならないことも存在すると思う。
俺が言うのも何だけど、
たぶんその時だと思います。
その人の真価が問われるのは。
文句ばかり言ってるようじゃお話にならないし。
結果的にダメだったとしても、
それを乗り越える道筋を見るかどうか、だよね。

とまぁ、言うことだけは相変わらず偉そうですがw
恵まれた環境の中で、
自分を見つめる機会だけは多かったもので。
少なくとも現段階における、俺の価値観はこんな感じ。

現段階で、全体的に人とズレちゃうのは仕方ないと思います。
こんだけ遠回り人生だし、捻くれもしますよ。
でもね、
ストレートでまともな人生を歩んでる人とは、
やっぱり違うものもたくさん見てきたし、
それは俺の個性の1つだと思うしネ。
って、なんか言い訳みたいになってるなww

まぁ基本は他人ありきなんだけどネ。
少なくとも俺は、自分は自分だーって生き方は不可能です。
誰かが自分を認めてくれてる。
そういう前提がないと生きてけないッス。


話がそれまくったー。
まぁそんなワケで、
セリカちゃんのカスタム本を買いました♪

俺が欲しいのはST202の型式のヤツなんだけど、
やっぱりノンターボのNAで、しかも駆動方式がFFだと、
給排気系と足回りのファインチューンが妥当みたいデス。
つっても、
そのファインチューンをするだけで、
4、50万軽く飛んでいくんだけどネ!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

改めて思ったけど、
今の骨ちゃんをイジってて、
まぁ外装がほとんどにしたって総計30万ほど。
かなり満足ですよ。

でもでも、
車とバイクじゃ、ちょっとイジるにしても価格帯が違います!
まぁ倍はかかっちゃうんだろうなぁ(;´Д`)
車だとバイクほど気軽に自分でできるトコも少ないしネ。。

それでも、
やっぱり車を買った時に欲しいものとしては、
社外マフラーとフルエアロとセミバケですかネ。
吸気系やったら燃調も必要だし、
基本社外マフラーって、
それだけでもそれなりの効果を出すように設計されてるはず。
まぁやるとしても、
バイクでいう所のスリップオンのタイプになるので、
エキマニとかフロントパイプを変えない限り問題はないでしょう。
ダウンサスとかインチアップとかの足回りはおいおいやればイイし。
アーシングも適当に自分でやればイイしw
まぁあとは、
買うときには確実に10年落ちの車になるので、
走行距離そこそこいってて、
タイベル交換済がベストですネ。


あ、最近見つけたんだけど、
エンジンとかに興味ある方は、
ココのソフトをDLして見るとわかりやすいです!↓
エンジンなどの仕組み


あとはこちらのサイトもオススメ♪
カムとかバルブとかの仕組みがようやくわかりましたw
例え話がわかりやすいので、とっても素人向け♪
他にも基本的なメンテとか、工具の紹介もしてるので必見です^^↓
カーライフサポート



ふぅ~。
久々にかなり書いたー。

上に久々にちょっと重い(?)話題を書いたのは、
実はつい最近ある先輩と飲む機会があったんですよ。
まぁその先輩ってのが、
自信に溢れてて、有言実行で、厳しくて、優しくて、真っ直ぐで、かわいさも持ってて、
っていう、凡そ男女問わず惹かれずにはいられない人なんですネ。
俺の憧れの先輩なワケですよ。
もう畏怖すら感じるくらいの。
ところがドスコイですよ。
どーゆーワケかワタクシ、そういう方には割と嫌われるタイプでして(涙
まぁそもそも俺という人間が、
かなり好き嫌い分かれるタイプだから仕方ないんだけど(;´Д`)
それでも仕事を一緒にしてた中で、
その先輩なりに俺という存在は認めてくれてるんだけどネ。
まぁそんな感じなもんだから、
会うといまだにビビっちゃうという、そんな人なんですが。
たぶん俺がビビってるのが悪いんだけど、
だって仕方ないやんっ!!(;つД`)
高校のときにもそういう先輩がいたけど、
その先輩には可愛がってもらったんだけどなぁ(;´Д`)
まぁ俺も変わったしネ。

ただネ、
そういう人と話をしてると、
今の自分との距離感を丸無視して、影響されまくっちゃうんデスヨ!
単純にいうと、
自分が見えなくなっちゃうというか、
まだ立つことすらできないのに、走れる気になるというかw
まぁそんなワケで、自分の再確認ですかなw
俺には俺なりの考え方があって、
そうした根拠の上で、自分の中に矛盾がないように、
誠実に生きようとはしてるんだってことを、
ちゃんと確認したかったワケです。
それが合ってるか間違ってるかは問題じゃないワケです。
少なくとも今の自分の足元をちゃんと見ないとネ。
まぁでも、そもそもそんなにペラい自分がダメなんだけどネw
まだ自分の中で寄る辺がないもんで^^;
まぁボチボチ、自分のペースでいきましょか。




ちょっと久々にグズグズな記事になったので、
最後に写真をアップしますw

最近雪が降ったので、その様子を。
タイトルは「うちのベランダからの風景」↓
IMG_1686.jpg


IMG_1687.jpg



ちょっと電車が入ってるのがポイントw


そんな感じで!
久々に長文書きました(;´Д`)
ココまでガッツリ読んだ方はお疲れ様です&ありがとう♪
またねん。



PS:
前回のセリフ特集記事ですが、
必ずしも出典があるものばかりではありません。
ご了承くださいませ。

あと、
実はタイトルが既に過去形という小ネタを使ってたり・・・。
説明してる時点でダメですネ、はい(ノД`)シクシク

また、
あの中に1つだけ仲間ハズレがいます。
ヒントは「既に普段言っている」
わかった方には、
春から全裸ブロマイド(サイン入り)を進呈いたします(´∀`*)ウフフ
春の自慢のギャランドゥーとモジャモジャカモシカレッグを見よ!(キモ
別窓 | e.t.c. | コメント:4 | top↑
一生のうちに言ってみたかったセリフ集
2008-02-03 Sun 21:57
脈絡なくいきます。



「爺、今日は天気もイイし歩いて行くよ。車はイイや」

「変 身!」

「おっと待った!そこまでだ!!」

「避けた?!ちぃー!」

「俺がオマエを撃つ!!」

「私のではない!これが人の夢!人の望み!人の業!」

「何?!アウトからだと?!」

「機体の性能差だけじゃない?!」

「オートバイ乗ってたヤツが四輪乗ると上達早いぜ。
 四輪はタイヤすべってもちっともこわくねーからよゆうなんだ」

「操縦技術で負けている?!俺が?!」

「私は結果だよ。だから知る!!自ら育てた闇に喰われて人は滅ぶとな!!」

「大学卒業したー!」

「この単位はチョロイぜ。」

「バ○ターとは違うんだよ!」

「後ろっ!」

「だが世界は歌のように優しくはない!」

「動きが・・・読まれている?!」

「接○圧が逃げるんなら、合わせりゃイイんだろ?!」

「ココでやられてたまるかー!!」

「ボクホットケーキ好きだよ、焦げてなきゃ」

「何が違う!何故違う!」

「何だ、ただの水溜りじゃないか」

「ふっ・・・見えている!!」

「人が数多持つ予言の日だ!それだけの業!重ねてきたのは誰だ!!」

「そこっ!」

「バカな!ヤマが、ハズれている?!」

「やらせはせんよ!」

「親方!空から女の子が!」

「逃がすかぁ!」

「○に変わっておしおきよ♪」

「ワタシについてこれるか?!」

「我が名は東○不敗!!」

「オマエなんかにぃ!!」

「バルス!!」

「任務、了解」

「あの子を解き放て!あの子は人間だぞ!」

「左腕がやられたぐらいで!」

「黄昏よりも暗きもの、血の流れより紅きもの・・・」

「目がぁぁぁ!目がぁぁぁぁ!!!」

「下からだと?!」

「それはエゴだよ!」

「母さん、ボクの、ピ○ノ・・・」

「アップデータ機動、ナーブリンク再構築、キャリブレート完了、動ける!」

「キャリブレーション取りつつ、ゼロ・モーメント・ポイント及びCPGを再設定…、
 チッ!なら疑似皮質の分子イオンポンプに制御モジュール直結!
 ニュートラルリンケージ・ネットワーク、再構築!メタ運動野パラメータ更新!
 フィードフォワード制御再起動、伝達関数!コリオリ偏差修正!運動ルーチン接続!
 システム、オンライン!ブートストラップ起動!」

「GNシステム、リポーズ解除。プライオリティーを刹○・F・セイエイへ。
 外壁部迷彩皮膜解凍。GN粒子散布状況のまま、ボーディングモードへ」



ふぅ。
別窓 | e.t.c. | コメント:4 | top↑
| Like a Withered Flower |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。